医院・クリニックの内装設計、看板工事

クリニック医院・歯科の
開業ブログ。

開業に悩めるお医者さんに読んでほしい!

クリニックの内装は、おしゃれよりも安心できる空間づくりが重要。その理由とは?

クリニックの内装は、おしゃれよりも安心

一言にクリニックと言っても歯医者さんから内科クリニック、不妊治療クリニックなど、様々なクリニックが存在します。

クリニックを開業する上で、やはり「おしゃれな内装にしたい」と思う方が多いでしょう。もちろん内装がおしゃれなことも大切ですが、クリニックにおいては、それ以上に居心地のよい安心できる空間づくりの方が大切です。

今回は、クリニックの内装はなぜおしゃれさより居心地のいい空間にこだわるべきなのか、またそのために内装をどのように工夫すべきかについて解説します。

    目次

 

おしゃれより安心できる空間が重要な理由

近年インターネットも普及してきたことから患者様がクリニックを選ぶ時代となっています。そのため、患者様の満足度を高め、「また診てもらいたい」「来院したい」と思ってもらえることはより重要となってきます。

内装では何を意識すべきでしょうか。おしゃれな内装は患者様によっては喜ばれ、素敵なクリニックだと思ってもらえるでしょう。しかし、クリニックに来院する患者様は、治療や定期検診のために来られるので、多少なりとも不安に感じておられます。

そんな中、おしゃれさや華やかさを演出する内装が、患者様の緊張感を与えてしまうことがあります。その結果、「いつもより血圧が高くなった」「お医者さんに伝えたいことが言えなかった」などいつも通りに振る舞えないという現象が起きることもあります。

患者様が安心して過ごすことができ、居心地が良い場所だと感じてもらえること、医師に診てもらいたいところを診てもらえるということは、より多くの患者様の満足度を上げるためにとても重要なポイントになります。

おしゃれな内装を意識するのではなく、患者様視点で安心して過ごせる、リラックスできていつも通り振る舞える、そんな空間づくりを意識しましょう。

 

安心できる空間づくりにするための内装の工夫

ここからは、具体的に安心できる空間にするためには、内装にどのような工夫をしていくべきか解説していきます。

待合室

患者様が最も長く滞在する待合室は、診察を待つための場所であり、待ち時間が長くなると患者様もイライラしてきます。そのため、待合室こそ安心してリラックスできる空間にしておくことが大切です。

工夫例を挙げると

・天井を高くする、壁との距離を確保するなどの工夫で圧迫感がなく開放的にする
・患者様同士の距離が近くなりすぎないようなスペースを広々と確保する
・窓から太陽の光を取り込み、明るい印象を与える
・待合室から診察室までの導線がスムーズになるよう配慮する
・具合が悪い方向けに、長椅子ではなく単脚ソファを準備しすぐに対応できるようにしておく

などが挙げられます。こういった1つ1つの工夫の積み重ねが、患者様の居心地の良さに繋がってくきます。

 

トイレ

医療機関にとって清潔感はとても重要です。中でもトイレは、そのクリニックの清潔感のイメージに直結します。トイレが清潔感に溢れ、快適に使えるだけでもクリニックの評価は上がり、患者様の満足度も上がります。

トイレの内装で意識できるポイントとしては、

・ユニバーサルデザインにする
・オート水栓の設置
・ペーパータオルやハンドドライヤーの設置
・赤ちゃんのオムツ交換台の設置

などが挙げられます。

 

床材

床材も患者様の居心地の良さに関わってきます。おすすめは、塩ビタイルからタイルカーペットへの変更です。

塩ビタイルの硬い床材であれば、「病院みたい」「堅苦しい」といった印象を受ける方もいらっしゃいます。タイルカーペットであれば、歩き心地が柔らかく、その柔らかい印象がクリニックの印象にも繋がってきます。

 

照明

照明は、クリニックの印象を左右する重要なポイントになります。

例えば、受付に間接照明を設置することで、天井から跳ね返る光が優しく、温かい受付スペースになります。待合室から見た印象も、落ち着いた雰囲気を演出してくれ、閉塞感が軽減されます。また、照明の色についても、暖色系であれば、温かい、落ち着くという印象を与えることができます。

待合室・受付スペースは、患者様が長時間滞在することとなるため、暖色系の照明を採用すると居心地が良いと感じてもらえるでしょう。

 

壁紙や床の色

壁や床などの色もクリニックの印象に大きく影響します。

以前は白を基調とした内装のクリニックが多かったですが、白ばかりだと無機質なイメージで抵抗がある、緊張が高まるという患者様も少なくありません。最近では、白を基調としつつ、壁紙の柄やテーブル、小物などにオレンジ、緑、青などの色味を加えることで落ち着いた雰囲気を作り出すことができます。

また、差し色として温かみのあるパステルカラーを取り入れる、木目を基調とするなどの工夫をされるクリニックも増えています。

色が人に与える影響は様々で、作りたいクリニックをイメージし、使用する色を決定するのも良いでしょう。

≫クリニックの内装でよく使う心地よく感じる色彩提案についてはこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、クリニックの内装はおしゃれにするよりも安心できる空間づくりが大切ということを解説いたしました。

人気のクリニックには、必ず共通点があり、患者様が「来院したい」と思う理由があります。その理由の1つにクリニックの「居心地の良さ」があります。これから開業される先生方は、今回ご紹介させていただいたポイントを意識してクリニックの内装設計を進めて頂けますと幸いです。

自分のクリニックではどのような改善をすればいいかわからない、もっと工夫できることを知りたいという方は、ぜひフルサポクリニックへご相談ください。

クリニック内装のご相談はこちら

この記事の著者

フルサポクリニック

フルサポクリニック編集部

関西エリアでのクリニック実績多数!
医療、介護施設の設計施工を得意とする「FULLsupport」が運営。
当サイトではクリニックにまつわる設計や内装工事にまつわる記事を随時更新中

関連する記事

カテゴリ

最新記事

バックナンバー

ページの先頭へ戻る