クリニック・医院・歯科の内装ならフルサポクリニック

医院・クリニックの内装設計、看板工事

クリニック医院・歯科の
開業ブログ。

開業に悩めるお医者さんに読んでほしい!

クリニック・歯科医院の受付カウンターを作るポイント

クリニック・歯科の受付カウンター (3)

受付カウンターは外部看板と同様にクリニックの顔となる大切なポイントであり、レイアウトを作っていくときに最初に配置していく部分でもあります。

患者さんの視点では、クリニックに入って最初に目にする受付カウンターはデザイン面でもクリニックの印象を決めるものと言えます。

そこで今回は、クリニックのレイアウトを構築する重要なブースである受付カウンターについて、ポイントをまとめておきたいと思います。

デザインについては、完成した受付カウンターの画像を貼っていくことで感じていただければと思います。

受付カウンターに必要な機能

・レセコン等の作業スペース
・コンセント
・電話(複合機)
・LAN
・音響設備のアンプ

ぱっと思いつくもので、これは必要だろうと思う機能です。

手荷物台について、受付カウンターの天板がコンビニレジくらい小スペースなら重要度高いと思いますが、十分なスペースを確保できている場合はお好みで設置している印象です。

 

クリニックの受付カウンターの高さ

受付カウンターの高さについては、一般的な基準があります。

高さ:1000mm
天板:300mm
作業台の高さ:700mm
作業スペースの奥行き:500mm

受付カウンターの内側は、高さが1000mmであれば覗きこまれない限り見えることはありません。

まったく見せたくない場合、もう少し高くした方がいいかもしれませんが、患者さんと受付スタッフさんが使いやすい高さはこのくらいです。カルテや資料は奥にスペースを作って対応することで見られたくないものを回避することも可能です。

車椅子の患者さんに対応する場合は、高さが700mmくらいが良いです。

これまでに施工した受付カウンターです

都島中通り歯科受付カウンター

カウンターの足元に間接照明を仕込んでいます。デットスペースになる部分はキッズスペースとして活用し、壁面には歯科医院のロゴマークをデザインしました。

施工事例はこちら

 

兵庫県明石市いのうえメンタルクリニック受付カウンター

受付カウンターを側面から見ると、ほんの少しカーブをつけていて、柔らかい印象を受けます。待合室も椅子を並べるだけでなく、ラウンジのように椅子を配置してくつろげる雰囲気になっています。

施工事例はこちら

 
皮膚科 内装奈良 (11)

カウンターの天板を木目にし、壁面はレンガ調のアクセントクロスで仕上げています。院内のお知らせや、美容にかんするフライヤーを設置するスペースもあり、存在感の大きいカウンターです。

天井部分は下がり天井を作り、照明を仕込むことで広がりを感じる雰囲気になっています。

施工事例はこちら

 

クリニック・歯科の受付カウンター

カウンターとショーケースが一体になった受付カウンターです。背面には院名やロゴマークをあしらった収納力抜群の家具を配置しています。カルテなどの書類は裏側のバックヤードに収納できるようになっています。

全体的に高級感ある仕様になっています。

施工事例はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。クリニックの受付カウンターは患者さまの印象を決める大きな要素の一つです。弊社では専属の家具職人と現場造作で作る大工が制作しています。

作りたいカウンターの内容によって職人を変えています。イメージをお聞かせいただき、最適なご提案を行いながら満足いく物をつくれるよう対応させていただきます。

関連する記事

カテゴリ

最新記事

フルサポメンバーズブログ

ページの先頭へ戻る