クリニック・医院・歯科の内装ならフルサポクリニック

医院・クリニックの内装設計、看板工事

クリニック医院・歯科の
開業ブログ。

開業に悩めるお医者さんに読んでほしい!

医療法人優聖会 プライベートスキンクリニック様 施工詳細

プライベートスキンクリニック美容外科、美容皮膚科20180406 (1)

医療法人優聖会 プライベートスキンクリニック様

ナチュラルな雰囲気でかわいい。女性が利用されるクリニックとして落ち着ける空間作りを意識されたプライベートスキンクリニック様の内装仕上げを本記事でご紹介します。

受付カウンター

プライベートスキンクリニック美容外科、美容皮膚科20180406 (4)

受付カウンターは腰壁にホワイトのタイルで天板はメラミン化粧板(AICA:JC-683K)を使用しています。

プライベートスキンクリニック美容外科、美容皮膚科20180406 (3)

受付カウンターには間接照明を仕込み、漏れる光で待合室を演出しています。

待合室

プライベートスキンクリニック美容外科、美容皮膚科20180406 (2)

待合室のBOXベンチの座面はレザー(サンゲツ:UP8748)で木製部分がメラミン(AICA:JC-683k)を使用しています。ベンチの足元にはコンセントを配置しています。

ベンチの座面高さは43cmで設定しています。快適な椅子の高さとして「身長の4分の1が座面の高さ」という目安があります。プライベートスキンクリニック様は女性専用ですので、日本人の平均身長30~34歳の女性は158.75センチとなっています。

「身長の4分の1」で算出すると女性は約39cmとなります。ただし住宅ではありませんので、ヒールや厚底靴なとの高さも考慮しなければいけません。

スニーカーなどでも2cm、ヒールなどであれば5cmと考えると「身長の4分の1」の計算では低いという考えになり43cmという設定になっています。

エントランス

プライベートスキンクリニック美容外科、美容皮膚科20180406 (6)

エントランス部分にはロゴマークを造花で仕上げたインテリアを設置しました。水やりが不要でコバエや土による汚れの心配がなく、インテリアショップやモデルルームでも重宝されています。

衛生面で心配がなくインパクトのある存在です。

施術室

プライベートスキンクリニック美容外科、美容皮膚科20180406 (7)

施術室や診察室、処置室は清潔感を出すため白で統一されています。

IS-329プライベートスキンクリニック様

床材:(サンゲツ:IS-329) 大理石の風合いで穏やかな表情をもった床材です。

 

スキンクリニック様FE-1172_ptプライベート
壁紙:(サンゲツ:FE-1172) 石・塗り・タイルの風合いをもった壁紙です。

まとめ

医療法人優聖会 プライベートスキンクリニック様の内装をご紹介しました。女性のために作られたクリニックということもあり、カフェのようなナチュラルな雰囲気も持ったクリニックです。

クリニック概要

名称   医療法人優聖会 プライベートスキンクリニック
所在地  大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル5F
電話番号 06-6940-7101
ウェブサイト:https://private-skin.clinic/

関連する記事

カテゴリ

最新記事

バックナンバー

フルサポメンバーズブログ

ページの先頭へ戻る