クリニック・医院・歯科の内装ならフルサポクリニック

医院・クリニックの内装設計、看板工事

クリニック医院・歯科の
開業ブログ。

開業に悩めるお医者さんに読んでほしい!

医院・歯科クリニックにこそブランディングは必要

クリニックにこそブランディングは必要

フルサポクリニックは、医院・歯科クリニックを専門とした内装工事会社です。

クリニック専門と言っていますが実態は施工会社ですので、依頼を頂ければ他の店舗工事も請け負います。

ブランディングというと大げさのように感じますが、クリニックの内装といえば「フルサポクリニック」だね。と呼ばれるようになりたいと思っています。

小さな事業には、内面を充実させる「考え方」を確立するプロセスが必要です。

開業する先生、従業員、家族に感謝されるような経営ができてこそ、自分の価値を確認できると思ったからです。

クリニック・歯科医院は価値感とウリがコンセプトになる

自分の棚卸と顧客のニーズ

ブランドという言葉に最初はピンとこなかったのですが、今では重要な視点だと感じています。

ブランドは大きな会社が持つものと思っていましたが、行列のできる町のケーキ屋さん、地元の焼き肉屋さん、それぞれ独自のブランドを持っていることに気が付いたからです。

ブランディングに関する書籍はたくさん存在します。

しかし、どれも身の丈に合っていないように感じました。町を見るとこんなにブランディングに成功している商店があるのに。

ブランディングとは何か悩んでいましたが、ふとした瞬間に吹っ切れました。それは、お客様にフルサポクリニックは「安い」と言われた時でした。

要望されるがままに図面をつくり、それを実行するための見積りを今まで通り作っただけなのに「安い」と言われたのです。

よくよく話を聞いてみると、クリニック業界では開業する時はコンサルタントに相談するか、出入りの医療機器メーカーなどが間に入るということでした。

なるほど。

ふむふむ。

開業時に初期費用はできるだけ抑えたいというニーズがある。

フルサポクリニックは他より工事費用が数パーセント安いらしい。

クリニックの施工経験はこれまで何件もある。

ここか!

と、始まりました。

小さな事業のブランド作りは、事業を進めるうえで軸となる考え方を大切にしながら、小さな地域、小さな業界でオンリーワンを目指すことだと感じています。

フルサポクリニックなら、顧客・従業員・家族に感謝される事業をすること。大阪を中心とした関西エリアで、クリニック業界でオンリーワンを目指すこととなります。

小手先のテクニックも使えばいい

パンフレットに地図を大きく載せたり、電話番号を目立つ場所に記載するなど、当たり前のことですが、これも小手先のテクニックです。

最近では「ほったらかしで儲かるテクニック」や「秒速で稼ぐ」などのキャッチコピーで集客情報商材や書籍を目にしますが、すぐに何もかもがうまくいくような言葉には「何のために仕事をしているか」という軸が全くありません。

短期間で結果を出せるに越したことはありませんが、長期的に存在できるような運営を心掛けたいものです。

関連する記事

カテゴリ

最新記事

フルサポメンバーズブログ

ページの先頭へ戻る