クリニック・医院・歯科の内装ならフルサポクリニック

医院・クリニックの内装設計、看板工事

クリニック医院・歯科の
開業ブログ。

開業に悩めるお医者さんに読んでほしい!

見込み患者さんが興味を持つ医院・歯科クリニックとは?

クリニックの噂をするアヒル

前回は認知度の低いクリニックを「見込み患者さんに知ってもらう」ことについて書きました。>認知度が低い医院・歯科クリニックがすべき行動

存在を認知した見込み患者さんに次にとってもらいたい行動は、「興味」をもってもらうということです。

クリニックの存在を知りながらも、「興味がない」見込み患者さんはクリニックの存在を忘れてしまします。

忘れてしまっては、病気や悩みがでた時の選択肢に入りません。

では、「興味」とはいったいどうすればよいのでしょうか。

あなたのクリニックに興味をもっていただく

あなたのクリニックの存在を知って、興味がなければ無視するか、忘れます。

見込み患者さんは自分に関係ありそう、良さそうなクリニックだな、と思えば興味を持ちます。

つまり、このあたりで患者さんのニーズが発生してきます。

クリニックのニーズは診療科目によって様々ですが、「自分に関係がない」と思われれば興味をもっていただけません。

広告を見ても興味を持たれない原因ですが、見込み患者さんが自分に向けたメッセージとして捉えていない。

ニーズがないから興味がない、ということが考えられます。その場合はニーズを捉える必要があります。

例えば、皮膚科であれば「育毛専門」 など、特定のニーズに向けた情報を出すことや、少し前に流行った「アンチエイジング」をキーワードに、タイトルを分かりやすくするなど、予防医学を伝わりやすくする工夫が必要です。

クリニックに興味を持ってもらうためのチェックポイント

・どんな感じのクリニックだろう?と視線を奪いましょう
・何科のクリニックなのか、わかりやすく表示しましょう。

「フルサポクリニック」の看板だけでは、何を診てくれるのかわかりません。
(*フルサポクリニックは内装専門です)

来院したことがない患者さんには自己紹介が必要です。

自己紹介のがてら情報発信をするために、院内ニュースレターをクリニックの前に設置するのもよいと思います。

ポイントは「ニーズ」です。

まとめ

興味を持ってもらうことに成功すると、見込み患者さんは近所で評判を聞いたり、最近ではネットで検索してクリニックの雰囲気を調べます。

ここからが具体的な「行動」になります。

次回は「行動」について書きたいと思います。

医院・歯科クリニックに患者さんが来院するまでの行動と比較

関連する記事

カテゴリ

最新記事

フルサポメンバーズブログ

ページの先頭へ戻る