クリニック・医院・歯科の内装ならフルサポクリニック

医院・クリニックの内装設計、看板工事

クリニック医院・歯科の
開業ブログ。

開業に悩めるお医者さんに読んでほしい!

照明の色合いでも床の見え方やクリニックの雰囲気が違います

都島中通り歯科床材

都島中通り歯科」様で使用したフロアタイルの紹介です。

今回使用したサンゲツの「WDー536」は木目の色合いがしっかりしている素材で、味わい深く、感性と視覚に働きかけてくれます。

木目の色使いが増えると、冷たい印象を減らすことができ、木材色に近いほど「あたたかい印象」を与えてくれます。

 

都島中通り歯科様の床材

木目にもいろいろな種類がありますが、色合いが深いと重厚感も強くなります。

フロアタイルは耐久性にも優れているので、土足で使用しても問題ありません。また、部分的に補修もできるので経済的もすぐれている素材です。

 

都島区 歯科の床

受付スペースと診療室では照明が違うので、床の印象もずいぶん違って見えます。

受付スペースは電球色を使っていて、温かみのある穏やかな光になっていて、診療室は昼白色で太陽光に近い、自然な色合いです。

照明によっても床の見え方が変わるので、部分によって色合いを変えてみるのも素敵だと思います。

都島中通り歯科さまの施工事例はこちらです

関連する記事

ページの先頭へ戻る